こんな症状は胃薬を飲んではいけません

こんな症状は胃薬を飲んではいけません

胃に不快感があったら、市販の胃薬は本当に役に立ちます。特に医療機関のお世話にならずに治せるのですから、忙しい人にはとっても有り難いですよね。

 

ただ、胃の不快感があるからといって、すぐに胃薬を飲んでしまってはいけない症状があります。
それは、食中毒といったウィルス性からくる胃の不快感です。
細菌やウィルスが胃に入ってしまった場合、治療方法はただ一つ、細菌やウィルスを体外に出してしまう、という方法です。

 

つまり、排泄によってお腹から細菌、ウィルスを出してしまわなければ良くならないということです。この場合、医療機関に行っても、対処療法となります。

 

むやみに自分の判断で胃薬をのんでしまうと、下痢や嘔吐といった症状を抑える働きが出て、いつまでも細菌やウィルスが体内に留まってしまいます。もし、自分の食べたものが原因で胃に不快感があると思ったら、市販の胃薬は飲まずに、出来るだけ早めに医療機関を受診しましょう。

 

下痢や嘔吐の場合、脱水症状が心配されます。脱水症状を避けるためにも、こまめにスポーツドリンクなどを飲んで、脱水にならないようにすることがポイントです。そんな筆者は、高温の場所に置いていた水にあたってしまった経験があります。今思い出しても、辛い経験でした。