胃薬は飲むタイミングが大切です

胃薬は飲むタイミングが大切です

一概に胃薬といっても、効果はそれぞれです。そして一概にお薬と言っても、飲み方だってそれぞれに合ったお薬の飲み方があります。
一般的には「お薬は食後30分以内」というのが多いのですが、胃薬には、3種類あります。

 

胃の消化を助ける消化薬の場合は食後で大丈夫ですが、H2ブロッカーや胃粘膜保護薬の場合は、食事と食事の間、大体前の食事を取ってから2時間程経った頃が最適です。
また、胃の働きを良くする健胃薬の場合、食事の大体30分前に飲むと、その後の食事と一緒に消化され効果が高まります。

 

 

このように、胃薬の場合、食事の消化の時間帯や食間の胃液が多く分泌される時間帯というように、それぞれの症状に適した胃薬を選び、また、適した時間帯に飲むことで有効に働くものです。

 

例えば、飲み忘れたから今飲んでおこう、ということがあります。もちろん、飲まないよりは決められた時間を空けて、継続的に飲んだほうが良いのですが、やはり胃酸の分泌を抑えるようなものを食事を取った後に飲んでも、既に食べ物が胃の中に入っている状態のため、解決の早道とは言い難いものです。自己判断で服用しては勿体無いので、きちんとそれぞれのお薬の用法を読んで服用しましょう。